電話 〒326-0822 栃木県足利市田中町911-3 
9Hガラスコーティング「SAVER」とは高級車用のガラスコーティングに開発された溶剤塗料をスマホ、タブレット用に改良を加え開発されたのがSAVER。
スマホ類のガラス面に直接コーティングを行う事で、ガラス硬度を高め、フィルム等無駄な保護シートが無くても画面を守る事が可能となっています。

最高硬度9Hの状態で切り付け実験

カッターで切りつけた画面にキズ一つ付きません。
1メートルの高さから100gの鉄球を落としても、画面にキズ、割れがありません。 1メートルの高さから100gの鉄球を落としても、画面にキズ、割れがありません。
鍵と5円玉で画面を引っかいても、キズが付きません。 鍵と5円玉で画面を引っかいても、キズが付きません。
日本の製造業で広く採用されているJIS規格の「鉛筆硬度試験」では、塗装皮膜の硬さを測定し、塗膜が規定の硬度を有するかどうかを確認する試験を行いました。
その結果、スマホコーティングSAVERは、自然乾燥3日後に日本最高硬度の9Hになりました。9Hに到達した時点で皮膜の性質は超撥水になります。
JIS日本工業規格鉛筆高度試験表
スマホコーティングSAVERは、創業2年もたたないうちに、国内での加盟店数が300人を突破し、世界32ヶ国に輸出するほどの事業に育ちました。

そこで、世界基準の品質証明書を取得してさらなる事業発展に備えるべく、2017年夏から、スイスに本社がある世界最大の試験・分析・評価・認証機関SGS
https://ja.wikipedia.org/wiki/SGS_(%E4%BC%81%E6%A5%AD)

での試験準備を進め、同年11月2日に硬度試験で基準に合格し、日本製のスマホコーティング製品で初めて、世界基準の試験成績証明書を取得することができました。

海外からも熱い注目を集めるSAVERを各国に展開していく上で、日本の認証機関が発行した成績証明書は通用しないことが多く、各国の政府機関、税関、研究所、認証機関が公的に採用するSGS試験成績証明書の取得は、SAVERの優れた品質が厳しい国際基準でも認められた証拠です。
SAVERは、他社様の製品と異なり、 溶剤の化学的組成の安全性を認められ、IATA-DGA( 国際航空運輸協会・危険品輸送規約)の「危険品非該当証明書( Certificate of non-applicability in Dangerous Goods)」を取得しています。
そのため、優れた性能を持つ溶剤でありながら、危険品・ 爆発物のように高額な専用容器に充填することなく、 EMSで小ロットから常温での海外輸出が可能です。

SAVERの運営母体であるJ-Tech Transfer and Trading代表・小島尚貴が、 8つの外国語を駆使して国際事業を行う貿易のプロフェッショナル であることから、SAVERの需要は世界的に高まり、 創業わずか1年半で、 SAVERは世界の32ヶ国に輸出されており、 その行き先はさらに多くの国に広がっています。

世界が驚き、認め、感動するのは、

・施工後、たった3日で9Hに到達するスピード。
・施工後、塗装皮膜が18~24ヶ月間持続する耐久性。
・日本製スマホコーティング製品で唯一、 世界基準のSGS認証を取得している国際的信頼性。
・ドライヤー不要で、 自然乾燥によって塗装皮膜が完成される品質。
・身体障碍者、地雷で手足を失った方、 車椅子の方でも健常者以上に稼げる仕事の単純さと製品の競争力。
・小ロットから注文でき、世界のどこにでも、 安い国際送料でたった5日で届くスピード。
・輸出入通関、 国際物流に必要な全ての書類があらゆる外国語で完備されている海 外対応力。
・made in Japanの信頼性。

です。

製品力、サービスの洗練度、SGS認証の信用力、柔軟性、 価格競争力、貿易実務能力、そして、 かゆい所まで相手視点で説明できる語学力。
「made in Japan」のスマホコーティング製品の中で、 あらゆる面で群を抜くSAVERだからこその広がりと言えるので はないでしょうか。
▲ PAGE-TOPへ
通信中です...しばらくお待ち下さい